自分の体と向き合おう

先日、地元のラジオ放送局bayfmの番組で「健康」をテーマに放送していたところ、

リスナーの方が糖質制限をしているというメールが紹介されていました。

 

しかも、山田悟先生が提唱している「ゆるやかな糖質制限」を実践されていました。

 

着々と、ロカボを意識する方が増えてきているのを感じて、ロカボに取り組んでいる弊社としてはとっても嬉しくなりました。

 

めまぐるしい世の中で、毎日があわただしく、短時間でおなかにたまるものをとりあえず摂る、ということの方が多い現代。

 

食事の摂り方を少し意識して、自分の体と向き合う時間を作ることが

健やかに過ごすために大切なことだと思います。

 

「今日は午後、眠くならなかったし、エネルギー切れにならずに活動できたなぁ」

なんて振り返るようにするだけでも、自分の体が本当に欲しがっているものは何かとか、

活発に動ける食事内容とかなんとな~くだけどわかるようになるし、

「お昼は炭水化物たくさん摂っちゃったから、夜は控えめにして、たんぱく質と野菜をしっかり摂ろう」

と少し気にするだけでも、体調は本当に違ってきます。

 

私はタイミング逃して昼の食事量が少なすぎると、なぜか夕方頭痛がしてくることが多いです。

かといって、がっつりご飯もりもりの丼もの食べると、

14時頃には意識朦朧(睡魔と必死に闘っている状況)になります(笑)。

 

体って本当に正直者なので、そういうところを発見するのもまた、ちょっとおもしろかったりして。

 

みなさんもぜひ、自分の体と向き合って、自分の体と食事について、いろいろ発見してみてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この記事を書いた人
hiromi